歩きMapタイトル

山歩き・里歩きMap

西ノ岡丘陵(向日丘陵)

西ノ岡丘陵(向日丘陵)の地図
 以前、地元長岡京市から嵐山・嵯峨へ抜ける最適なサイクリングコースを考えてました。最大のネックが向日市でした。最短コースの物集女街道(新西国街道)が、向日市の中心部で狭くなっている。

 車の通行量の多い道で、快適ではない。ここを回避するとしても、どこを通っても遠回りになる。物集女街道の一部は拡幅されましたが、中心部の全行程が拡幅されるのは何十年も先でしょう。

 ということで、とりあえず縦断コースの策定は保留とし、西ノ岡丘陵(向日丘陵)を南北に抜ける最適コースを探ることにしました。

 ここは緑地域の大半が整備竹林で、要するに畑です。なので道があっても通行禁止。車も通るアスファルト道しか通行できない。山道を自由に歩き回れる里山とは異なるのです。そこのところが大きなネックになる。




勝山緑地

 まずは南端の向日神社のお山から。向日神社から北へ抜ける道の右側に勝山公園と元稲荷古墳、左側に勝山緑地がある。その先はかつての桜の園です。その延長線上に五塚原古墳へ行く最短ルートがある。




はり湖山山頂

 五塚原古墳は立ち入り禁止になってるが、台風被害のため、危険だからとある。中の遊歩道はすべて、倒木の片づけ処理が終わっていて、危険はない。なにゆえに立ち入りを制限するのだろう。

 入り口は3箇所。どれも金網フェンスで封鎖してるが、入れないことはない。街中にある貴重なアウトドア空間。開放すべきだ。いたずらされそうな設備もないし。




竹の径入り口

 丘陵の中を縦断するルートとしては、竹の径(西ノ岡竹林通)が一般的です。他にもなくはないが、無理やりなコースになる。

 タケノコを作ってる竹林はいわば畑なので通らない。放置竹林や雑木林は畑じゃないので、通ります。




無粋なゲート

 竹の径の南側入り口からすぐ、新池方面へと続くハイキングルートがあるんですけど、無情にも頑丈なゲートで閉ざされています。さすがにこれを乗り越えるのは難しい。




弁天池

 竹の径入り口手前の右にも道があります。この裏道は、小学校のフェンスに沿って続く。ここから、五つの池をめぐるハイキング道へ、楽々入ることができる。




石積みのある道(第6向陽小学校の北西の道)

 五つの池は、西南の最小の池から順々に下っていきます。大雨の時の洪水を避けるため、段階を追って水を貯められるようにしたんでしょう。




カブトムシの死体

 真ん中の池の脇でなぜかカブトムシの死体が多数落ちてました。なぜここだけなのか。カブトムシの生息地なのか。




新池

 新池から物集女西浄水場の北側に抜ける道を探しました。どう見てもなさそう。ここが開通したら西ノ岡丘陵の裏ルートが完成すると思ったのですが、残念。



 少し回り道しますが、西浄水場から配水池を経て、行者池や主池へ。西ノ岡丘陵はまだ北へと続きますが、エリアが広すぎるので、とりあえずここまでとします。



 2019.8.13


 「極楽」トップページ(船越聡)

 全体地図と地図インデックス

 西ノ岡丘陵(向日丘陵) 当ページ

 鴫谷川水路橋(鴫谷川跨道橋)

 ディープな秘境 旧福知山線の廃線

 音羽山

 天皇陵巡り(衣笠・左大文字・原谷・鳴滝)

 一ノ井川と東一ノ井川(嵐山)

 淀の散歩道